自宅でできる脱毛:カミソリ②

TOP

◆『脱毛器 ケノン』を利用した人の口コミ
icon

お風呂を上がったあととか、家事の合間のちょこちょこした時間に使いました。10分もかからないくらいで、ササッとできて…続きを見る


icon

ケノンを使ってからは、前よりも肌がツルツルになった気がします。平日は仕事があり、サロンに通うのが難しい私にと…続きを見る


icon

想像以上の威力に家族みんな大興奮です!!初めはレベル5恐る恐る転写し…続きを見る


icon

昨日からケノン使い始めました。痛みは特に気にならないです。私は顔の毛穴とニキビ、いちご鼻が目立つので頑張って…続きを見る


icon

友達にも定評があるほど痛みに弱い私ですが、ケノンはぜんぜん痛くないです!今までエステとか毛抜きとか挫折しまし…続きを見る


TOPButton

自宅でできる方法で一番多く行われている方法がカミソリのような剃る方法ですが、キレイにそれないからと逆剃りしていることはありませんか?逆剃りしてしまうと肌が痛むだけでなく、ムダ毛の毛根が曲がってしまったり、毛穴がつぶれてしまうなんてことが起こり得ます。

毛穴がつぶれてしまうと埋没毛というものになってしまうのです。

この埋没毛ですが、毛穴にダメージを受けてしまい毛が皮膚の下で止まってしますことを言います。

毛が皮膚の中にある状態なので遠くからみるとシミのように見えたりしてしまいます。

気になるからといってこの埋没毛を自分で処理しようとしてしまうと、毛穴をまた痛めてしまうことになるので、より埋没毛が増えてしまう自体になりかねません。

それでも無理にほじくったりしようとしていると毛嚢炎になったり、シミや色素沈着の原因になってしまうこともあるのです。

ココまでいってしまうと自宅での処置はできなくなります。

まずは埋没毛にならないように自宅で脱毛をおこいましょう。

前回にも書きましたが、自宅で脱毛するときに大事なのが肌にダメージを与えないように脱毛するということです。

自宅で脱毛するのにカミソリといった簡単な方法が一番多く使われていますが、その分色々なリスクもあることを知っておきましょう。

自宅脱毛をするときには前とした後のケアも一緒に考えていきたいですね。ケアをするだけでも肌へのダメージは大分変ってくると思いますよ。

自宅でできる脱毛:カミソリ

自宅で脱毛する人は多いと思います。

どのような方法で自宅で脱毛しているでしょうか。

自宅でできる脱毛の種類としては毛抜きで抜く方法、シェーバーで剃る方法、脱毛用のクリーム、自宅用脱毛器といったように数々の種類がありますね。

一番使われている方法としてはやはり剃刀やシェーバーを使う方法ではないでしょうか。

手軽にカミソリなどは購入できますし、一番簡単ですよね。

ただ自宅で脱毛するとき毛を剃る方法を行っているとどうしても肌にダメージを与えがちになります。

脱毛していたら、カミソリで切ってしまったという経験に覚えのある人は多いと思われます。

自宅で脱毛するのに毛を剃ると毛が濃くなるという話がありますよね。

自宅でカミソリを使って脱毛している人なら気になるとは思いますが、これは濃くなるのではなく、ムダ毛の切り口で濃く見えるというのが本当だそうです。ですので剃るのであればこまめな手入れが必要となります。

自宅でカミソリを使って剃る方法ですが、注意してほしいことがあります。

カミソリや電気シェーバーを使っているとおもいますが、刃は新しいものを使いましょう。

刃が古いとキレイにそれないだけでなく、肌を痛めることになってしまいます。

そしてあまりしている人は少ないのですが、消毒はしていますか?肌に直接あててムダ毛をそるのに、汚いままつかっていませんか?汚いままカミソリを使ってしまうと毛穴に雑菌がはいってしまう可能性があり、肌トラブルを起こす原因となってしまいます。

簡単な自宅での脱毛方法ですが注意したいですね。